無料で占いを提供することは”いいの””悪いの”?

〇愛されながら“稼いでいる”占い師さん

無料で占いを提供することにも意味があった(過去形)


×忙しいだけで“稼げない”占い師さん

まだまだ、無料のレベルだから、しょうがない(頼まれれば仕方なく感)

 

 

 

愛されながら“稼いでいる”占い師さんの~愛されフレーズ~

================================================================

『占い師はお客様に成長させていただくもの、数稽古だと思って、
無料でやってみたら!!
当然、鑑定をさせていただくという気持ちも忘れずにね』
といわれ、吹っ切れました。

================================================================


 「占い師になりたてのころ、有料、無料問わず、
100名の人を鑑定して、それぞれのリポートを提出する
課題がありました。

“多少なりともお金をいただけたら”“お金をいただくほど
の自信もない”そのはざまで、色々悩み、先輩の占い師さんに
相談したところ


『占い師はお客様に成長させていただくもの、数稽古だと思って
、無料でやってみたら!!
当然、鑑定をさせていただくという気持ちも忘れずにね』
といわれ、吹っ切れました。


まずは目の前のお客様を少しでもよくしたいと思いに集中した結果
何人の方が今でもリピーターとして定期的に鑑定させていただいて
います。」


 無料で占いを提供することは、むしろ、新人の占い師さんしかで
きない特権のように思います。


「私は占い師としてデビューすることになりました。お客様の笑顔が
少しでも増えるように、精一杯鑑定させてください」


 と宣言して、取り組むことで、間違ったらどうしよう、難しいこと聞
かれたらどうしようなどというプレッシャーから解放されるうえに、
必ず、一定数そんな新人占い師さんを応援したいという人がいるよう
に思います。


 無料占いは、占い師として、キャリアを積む過程で、意味のあるもの
以外は、占い師としての価値をさげることにもつながるので、積極的に
取り組むことではないかと思います。

 占い師になりたてだからこそ、積極的に取り組むことができる無料占い。
・経験
・自信
・お客様の笑顔
があなたの占い師としての、成長を約束します

無料占いを卒業する、目標人数を決めることもお忘れなく。


少しでも、
“愛されながら稼げる占い師”
になるためのヒントにしていただければ幸いです。

占いビジネストータルプロデューサー
佐藤雄斗(さとうゆうと)

 

 

~~~~~~~~~~~~~~
占い師2000人を見てきた中で気がついた!
「愛されながら“月100万円達成”している占い師」
「忙しいだけで“稼げない”占い師」
たった3つの違い メール講座5ステップを公開

登録はこちら
~~~~~~~~~~~~~~