『“悪いレビュー”に強くなる心の習慣』<引き寄せトキメキ習慣No011>


占い師さんは、
とてもピュアで繊細な方が多いと感じています。

そのせいか
「NO」と言われることに
 
“苦手” ”凹む” “自信喪失” 
など
必要以上に反応してしまう
占い師さんをたくさんみてきました。


見てるとすぐにわかるんですよね 落ち込んでいるのが。。。


そんな、占い師さんにぜひ、学んでもらいたいのが
 
「NO」に強くなる心の習慣です。


占い師さんがNOといわれる場面は様々です。
 
  • お客様に占いをした後
  • お客様にイベントのご案内をさせていただいた時
  • サロンの入り口で占いをしようか悩んいる人に声をかける時
  • 電話鑑定や、ライン占いのお客様のネガティブなレビュー
    は特に、凹みますよね
 
思った通りのことが起きないと

「拒絶された」「否定された」
と思ってしまうのです。


そんなときに、心のダメージを最小限にするための
感情のコントロールの仕方です。
 
  1. NOはお客様の都合です

    お客様がNOということは、
    お客様の都合でそう言っているだけです。
    NOと言われることを、
    自分が否定されたと思ってしまうと、
    自信の喪失につながります。
     
    お客様がNOと言っているということは、
    相手の都合であって、あなたがそれに対して
    どう感じるかとは、まったく関係ないことです。
     
    例えば、

    ネガティブレビューにしても、
    お客様があなたの気持ちを落ち込ませようと悪意
    があるわけではないのです。
    「お客様はそう感じただけ」
    と第三者的に受け流すことが鍵です。
  2. YESの理由を見つめ直す

    とはいえ、
    自信がなくなると、頭ではお客様の悪意ではないとわかっても
    不安を感じることもあるかと思います。
     
    ここで、感情を戻す方法は、
    ネガティブレビューにフォーカスするのではなく
    ポジティブレビューを頂いたお客様を見直すことです。
     
    身近な占い師さんでも、
    電話鑑定で500以上の五つ星のレビューがあるにもかかわらず
    数件の1~2つ星のレビューが入るだけで、
    「もう私はだめだ~」と自信を失ってしまう
    占い師さんがいます。
     
     
    ネガティブレビューを書かれると、
    「なぜ、そんなレビューを書かれたのか」
    と考えてしまいますが、
    大切なのはポジティブレビューを書いてくれるお客様が確実にいる、
    ということ。
     
     
    だから、
    感情を戻す方法として
    ポジティブレビューを書いてくれたお客様は、
    私のどこを気に入ってくれたのだろう
    という あなたの強みを洗い出すのです。
     
    その強みを洗い出していく過程で、感情が戻ってきます。
  3. 慣れる

    シンプルですが、ただ不慣れなだけ、
    ということです。
    そのような体験を通して、
    慣れてくると些細なことだと感じるときが必ずきます。
占いという仕事は、お客様にNOといわれたり、
ネガティブレビューをもらうことも含めて仕事です。


すべての占い師が必ず経験することですし体験を通して、
占い師としての成長もできます。
 
凹んだときの、参考にしていただけると嬉しいです
 
=============== ============  
占い師2000人との会話とお客様1000人の声から導き出した
“愛されながら稼げる占い師”になるための
3/3の法則(3つのテーマを3ステップで無理なく成果を出す)
 
□等身大オンリーワンブランディング
□愛されメルマガ
□引き寄せトキメキ習慣
 
もっと深く学びたい方、個別にご質問をしたい方
少人数セミナーはこちら
個人ブランドコンサルはこちら

■“愛されながら稼げる占い師”の仕事あります。

対面鑑定/電話鑑定/チャット鑑定/ライン占い/イベント派遣/その他

笑顔が素敵な占い師さんを募集中です
占いの仕事と占い師募集・求人のお問い合わせはこちら
https://48auto.biz/satoyuto/touroku/entryform12.htm


■占いサロンのオーナーになりませんか?

占い師として個人起業、占いサロンの運営、ミクセリアのフランチャイズ
など、開業に関するご相談もお気軽にお問い合わせください
お問い合わせはコチラから

http://satoyuto.com/form/

■発信者・発行元

占いビジネストータルプロデューサー
佐藤雄斗