『「最低限」を決める習慣』<引き寄せトキメキ習慣No014>


 
たくさんの占い師さんを見ていると
 
Aという占い師さんが、もうダメという状況でも
Bという占い師さんが、全然問題ない
 
言ったり、
 
Aという占い師さんが、もう充分やり切った、という状況でも
Bという占い師さんが、まだまだ、もっとやれる 
 
と言うこともあります。



その違いは、
気合や根性でもなく、
意識が高いとか、
能力が高いのではありません。



占い師さんが、何を良しとし、
何を悪いとするのか
占い師さんがどこまでやり遂げると決め、
どこまではまぁいいかと思うのか
 
そのラインを引き場所の違いなのです



その結果
 
多くの占い師さんは
「占い師として、愛されながら稼げたら最高です!」
と実現できる占い師も、
実現できない占い師も一様に言っています。



でも、当然のことながら



実現できる占い師と
実現できな占い師が現れます。
 
それが、
“ライン”の引き場所が違うことによる結果の違い
あらわれます。
 
 
では、

ラインの引き場所の違いとはどこにあるのでしょうか?
 
 
「占い師として、愛されながら稼げたら最高です!」
という「こうなりたい」というのは、夢や理想でラインではありません。
 
 
ラインの引き場所の違いは。
 
「最低限どこまでやらなければならいと思っているのか」
 
という最低限に現れます。
 
 
 
実現できる占い師さんは、
今ここで「最低でもここまではやる」
というものの基準が高いのです
 
 
 
 
愛されながら稼いでいる占い師ほど、

そうした高い基準の「最低ライン」
を日々の取り組みで持っています。

疲れていても、何か急な仕事が増えても、気分がのらなくても、
「最低でも今日はこれをやる」
とラインを決めているのです。


多くの占い師さんは
夢や理想はもっているけれど、
最低ラインを設定していないことで、
簡単に言い訳をし、妥協をし、行動も先延ばしされ、
自分との約束も、
他人との約束も破ることに慣れてしまっています。
 


そして自信をなくしていってしまいます。


 
「仕方ないよね。だって・・・」
と自分にできない理由を与えてしまうのです。



そんなふうにならならいためにも
 
「最低でも、ここまで」という
「最低ライン」
を日々の中で見直す習慣を意識するのです。



例えば
ブログを書くと決めたら
 
最初は最低でも
「パソコンの前にすわって、タイトルを3つ書き出す」
からはじまり
 
「タイトルにそって、200文字の文章をつくる」
 
そして、
 
「毎朝、1記事をアップする」
 
 
というように

 
少しずつ、自分の中の
「最低でもここまで」
を更新していきましょう。



引き寄せトキメキ習慣のひとつ



「最低限」を決める習慣とは


「最高ならこれくらい」ではなく
「最低でもこれくらい」の
ラインを決めることなのです。


 
=============== ============  
占い師2000人との会話とお客様1000人の声から導き出した
“愛されながら稼げる占い師”になるための
3/3の法則(3つのテーマを3ステップで無理なく成果を出す)
 
□等身大オンリーワンブランディング
□愛されメルマガ
□引き寄せトキメキ習慣
 
もっと深く学びたい方、個別にご質問をしたい方
少人数セミナーはこちら
個人ブランドコンサルはこちら

■“愛されながら稼げる占い師”の仕事あります。

対面鑑定/電話鑑定/チャット鑑定/ライン占い/イベント派遣/その他

笑顔が素敵な占い師さんを募集中です
占いの仕事と占い師募集・求人のお問い合わせはこちら
https://48auto.biz/satoyuto/touroku/entryform12.htm


■占いサロンのオーナーになりませんか?

占い師として個人起業、占いサロンの運営、ミクセリアのフランチャイズ
など、開業に関するご相談もお気軽にお問い合わせください
お問い合わせはコチラから

http://satoyuto.com/form/

■発信者・発行元

占いビジネストータルプロデューサー
佐藤雄斗