心がけたい十訓≪占い師の為の代読No919≫


 

やさいし言葉で書く
外来語を避ける
目に見えるように表現する
短く書く
余韻を残す
大事なことは繰り返す
頭ではなく、心に訴える
説得しようとしない
自己満足をしない
一人のために書く
実用文十訓
*本書より
(ナカムラ クニオ著 『人が集まる「つなぎ場」のつくり方 -都市型茶室「6次元」の発想とは』より引用)

 

占い師がお客様に向き合う際も
心がけたい十訓照れ



 

 

人が集まる「つなぎ場」のつくり方 -都市型茶室「6次元」の発想とは
ナカムラ クニオ著

amazonでの購入は
コチラ