豊かな老後と仕事<占い師の為の代読>

 

多くの職場の定年は65歳
大半の人が最も生きがいを感じるのは自分が世の中の役に立っている時に違いない
それには仕事をする
つまり誰かや社会の役に立ってお金をもらうというのが一番端的
それを取り上げておいて豊かな老後を目指せというのは少々おかしい
( 安宅和人 著 『 シン・ニホン AI×データ時代における日本の再生と人材育成 』より引用)
 
 
定年も引退もない占い師という仕事。
生涯現役で彩り豊かな人生をおくれる仕事。
占い師は勝ち組
 

シン・ニホン AI×データ時代における日本の再生と人材育成
安宅和人 著
amazonでの購入は
コチラ