”並”すぎて印象に残らない占い師≪占い師の為の代読≫

 

 
目だって悪いところがあるわけではないけれど
全てが”並”すぎて印象に残らない。
印象に残らないという事は、選ばれないということです
*本書より
( 権藤優希 著 『損をしない人の考え方 』より引用)
 
 
 
占い師と名乗った 時点で
その他大勢の占い師の一人。
という”並”の占い師。
”あなたに占いをしてもらいたい”
という誰かにとって価値のある存在に
なるための独自化。
できない占い師はいない😊
 
 
 

損をしない人の考え方
権藤優希 著
amazonでの購入は
コチラ