一流の占い師は変化を選ぶ≪占い師の為の代読No587≫

 
スケート選手を対象にした調査結果
一流でない人たちは自分がすでに
できるジャンプに多くの時間をつぎ込む傾向
トップレベルの選手は自分ができない
ジャンプにより多くの時間を費やしていた
*本書より
( 児玉 光雄 著 『  Kのロジック 錦織圭と本田圭佑――世界で勝てる人の共通思考 』より引用)
 
 
一流でない占い師が
変化か継続という別れ道が現れた時に継続を選び
一流の占い師が変化を選ぶことに似ています
変化は継続と比べてエネルギーを要します
 

Kのロジック 錦織圭と本田圭佑――世界で勝てる人の共通思考
児玉 光雄 著
amazonでの購入は
コチラ