可能性を信じて 伝える言葉≪占い師の為の代読No657≫

 
この選手の成長の手助けをしたい
という温かさをもって接することが
選手が自分の課題に気づくきっかけになったり
私の言葉を自分事して受け止めたりすることになるのです
*本書より
( 栗山 英樹 著 『  栗山ノート 』より引用)
 
 
 
占い師がお客様の明るい未来と可能性を信じた上で
伝える言葉は、何かに迷い、前に踏み出せず、暗闇からの出口が見えない。
そんな心の灯りを灯すはず😀
 

栗山ノート
栗山 英樹 著
amazonでの購入は
コチラ