開き直ること<占い師の為の代読No469>

 

絶体絶命の時とか大ピンチという時には
人間は意外に正しい判断をするもの
開き直ることによって選択肢が絞り込まれる
絞り込まれれば直感もさえ迷いも見切れて正解に近づく
羽生善治
( 岡田武史&羽生善治 著 『  勝負哲学 』より引用)
 
 
私達占い師にとって今この時期はまさに絶対絶命の大ピンチ。
数年後振り返った時に
「大変な1年だったね」ではなく
「大変だったけど、とても成長できた1年だったね」と言えるために
開き直って行動していきたい😊
 

勝負哲学
岡田武史&羽生善治 著
amazonでの購入は
コチラ