第三者の評価が得られにくい仕事≪占い師の為の代読≫

 
正論を口にしようとすると人間はどうしても
「自分は正しいことをしているんだ」と思い込んで
妙に居丈高になってしまいがちです
つい教え諭したり、訓示を垂れたり、説教したりしようとしてしまいます
*本書より
(谷山 雅計著 『広告コピーってこう書くんだ!読本 』より引用)

 
 
「偉そうだった」「上から目線だった」「圧を感じた」
鑑定後のお客様の声。
第三者の評価が得られにくい仕事だけに
そんな時こそ、俯瞰して見るきっかけに😊
 
 

広告コピーってこう書くんだ!読本 
谷山 雅計著

amazonでの購入は
コチラ