「待ちます」とお伝えする≪占い師の為の代読No766≫

 

 
聴くというのは、つまるところ、
「時間をあげる」ということなんです
これは言葉で言えば簡単ですが
実はものすごくしんどいことです
相手は決してスラスラ語ってくれないし
ときに長く黙り込んでしまうこともある
その沈黙の時間がとてもしんどくて
すぐ、あなたの言いたいのはこういうことじゃないの
というふうに言葉を迎えに行く
*本書より
( 鷲田 清一 著 『 だんまり、つぶやき、語らい じぶんをひらくことば 』より引用)
 
 
 
「今じっくりと考えようとしていますよね。
待ちますのでゆっくり考えてくださいね」
お客様の沈黙は不安になります
お客様自身も気にしています
だから
シンプルに「待ちます」とお伝えするのが効果的😊
 
 
 

だんまり、つぶやき、語らい じぶんをひらくことば
鷲田 清一 著
amazonでの購入は
コチラ