高みを目指す占い師仲間の存在≪占い師の為の代読≫

 

 
作家というのは孤立しがち。
ひとりで仕事をする時間が多いので、ムダに我が強くて
意地っ張りで、そのせいかほとんどが過敏で「変人」扱いされる人も多い
接する情報も限れられている。
干渉してくる人がいないので、知りたいことだけ耳を傾け、読みたい文章だけ読んで
知らない人には逢わない。
同じことを繰り返す生活
*本書より
( ユン・ジョンウン 著 『好きに生きても大丈夫 いつも人に気を遣ってばかりで自分を見失ってしまったあなたへ考法  』より引用)
 
 
占い師にとっても共通点が多いです
足を引っ張るのでもない。
傷をなめあうのでもない。
高みを目指す占い師仲間の存在が
長く続ける為にも必要不可欠です😀
 

好きに生きても大丈夫 いつも人に気を遣ってばかりで自分を見失ってしまったあなたへ
ユン・ジョンウン著
amazonでの購入は
コチラ