占い師の”闇”は魅力のひとつ≪占い師の為の代読No755≫

 

 
100%ポジティブな人よりも3割程度の「闇」がある
こういう人に使う時間やエネルギーの割合を可能な限り高めることで
人生や気持ちの立て直しはかなり早まると考えられます
 
3割程度の「闇」がある人
というのは、昔、患者さんが私に教えてくれた表現で
具体的に言うと色々な苦労や悲しみを経験していて人間の弱さや醜さに対して寛容な人の事です
 
100%性善説のポジティブな
「光」の人は自分が一番しんどいときには、まぶしすぎてつらくなってしまうことがあります
*本書より
( 鈴木 裕介著 『我慢して生きるほど人生は長くない』より引用)
 
 
 
占い師の多くが経験している「闇」の時期があるからこそ
お客様の気持ちがわかり、寄り添うことができます
占い師にとっての「闇」は魅力の種😊
 
 
 

我慢して生きるほど人生は長くない
鈴木 裕介著
amazonでの購入は
コチラ