1人前の占い師。何が必要?<占い師の為の代読>

 

落語の立川流では一人前として認められる
二つ目になるためには古典落語を50マスターしなければいけないそう
実際のところどのような分野であっても多くのプロを目指す修行のかなりの部分は
既存の手法、技の習得に費やされる
( 安宅和人  『 イシューからはじめよ――知的生産の「シンプルな本質」 』より引用)
 
 
 
「占い師として1人前として認められる為に必要な要素は?」
三大占術の取得?鑑定人数?師匠のお墨付き?自分のサロンを持つ?
どれもあてはまるようであてはまらない
 

イシューからはじめよ――知的生産の「シンプルな本質」
安宅和人 著
amazonでの購入は
コチラ