対面鑑定という占いの文化の継承<占い師の為の代読>

 

20世紀のアートの歴史は
カメラが登場したことによって浮き彫りになった
アートにしかできないことは何か
という問いからはじまりました
( 末永 幸歩 著 『  「自分だけの答え」が見つかる 13歳からのアート思考 』より引用)
 
 
コロナの影響、占いアプリ、電話、チャット、LINE占い等、スマホでできる占い
このような状況で対面鑑定にしかできないことは何か?
対面鑑定という文化を継承する為の大切なテーマ

「自分だけの答え」が見つかる 13歳からのアート思考
末永 幸歩著
amazonでの購入は
コチラ