占い師は“頑張ってくださいね”を安易に使ってはいけない

こんばんは 
佐藤雄斗です。 




「頑張ってくださいね!!」 


あなたも、このフレーズをお客様に 
使ったことありませんか? 



僕も日常会話でもよくつかいます。 

占い師さんに”頑張ってくださいね” 
と確かによくいいますね^^ 



でも、占い師さんは、お客様には、 
この”頑張ろう”という言葉は 
気を付けて使ったほうがいいことはご存知でしたか?
 



なぜ、気を付ける必要があるのか? 
それは、占いにくるお客様だからこその理由があるのです。 



今日は、その理由についてお伝えしていきますね 


実は、この“頑張ろう”という言葉には 
2つの問題があるのです。 




1つ目は 
”何を”頑張るのか ”どう”頑張るのか  
という具体性なしに使われることが多い
 

お客様心理 
「何を、どう頑張るのかを聞きに来ているのに???」 



2つ目は 
そもそも多くのお客様は自分は頑張っていると思っており  
実際にそうであることが多い
 

お客様心理 
「自分なりに頑張っているのに、うまくいかないから聞きに来ているのに???」 



このように 

“頑張り方がわからない” 
お客様にはそのアドバイスが欲しいのに。と不満を感じ 
“頑張っている” 
お客様には苦痛に感じてしまうのです。
 


占いにきてくださる 
お客様の理由はそれぞれです。 


ただし、とても、心理的に、 
デリケートな状態でお見えになる方も少なくありません。 



だからこそ、“頑張ろう”のような 
身近な言葉だからこそ、私達はその使い方に注意して、 
安易に“頑張ろう”というのではなく、 
その時々でお客様に対して、適切な言葉に言い換えることが 
必要になってくるのかと思います。
 





最後に 

もし、思わず 

頑張ろう という言葉が口に出てしまった時は、 
どうすればいいか? 



その時は慌てずに 
この一言を添えましょう 



”頑張りましょう ” 


“一緒に” 


そう 


『頑張りましょう 一緒に』 


です。 




占いにお見えになるお客様だからこそ、 
普通のお客様には何の問題のない 
あなたが、発する何気ない言葉が、 
その心を傷つけてしまうことがある。 


そんな教訓の一つとして、 
感じていただけれ 
幸いです。 


コトバって難しいですね。。。 



今日も最後までお読みくださりありがとうございました 

愛されながら格があがる 
占い師専門プロデューサー 
佐藤雄斗 
(ヨコハマポートサイドオフィスより) 

 


■“愛されながら稼げる占い師”の仕事あります。

対面鑑定/電話鑑定/チャット鑑定/ライン占い/イベント派遣/その他

笑顔が素敵な占い師さんを募集中です
占いの仕事と占い師募集・求人のお問い合わせはこちら
https://48auto.biz/satoyuto/touroku/entryform12.htm


■占いサロンのオーナーになりませんか?

占い師として個人起業、占いサロンの運営、ミクセリアのフランチャイズ
など、開業に関するご相談もお気軽にお問い合わせください
お問い合わせはコチラから

http://satoyuto.com/form/

■発信者・発行元

占いビジネストータルプロデューサー
佐藤雄斗