ストレスを抱えやすい占い師のタイプとは?

 
こんばんは
佐藤雄斗です。
 
 
 ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^ ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^ 
聴く 話す ほめる 稼ぐ 占い師のお仕事: 心に寄り添う接客と集客・収益アップのレッスン124
佐藤雄斗著
全国書店、ネット書店で発売中
amazonでのご購入はコチラ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^ ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^ 
最近、実は、
気付いたことがあるんです。。。
 
 
というのも、、
 
 
 
最近、
ちょっとスランプの占い師さん
占いの仕事から少し距離を置くことを考えている占い師さん
 
 
と話を聞く機会があったのですが、
 
 
そんな
”ストレスを抱えている占い師さん”の
共通の思考に気づいたんです。
 
 
 
 
 
何人かの占い師さんに
その話をすると、ほぼ半数近くの
占い師さんが同じような思考でした。
 
 
 
 
占い師さんは
他の業種と比べると
繊細でデリケートな人が
多いのもその理由かと思います。
 
 
 
 
 
 
 
もしかしたら、
あなたも、同じような思考を
持っているかもしれません。
 
 
 
その、同じような思考とは
占い師をしている理由に
隠されているんです。
 
 
 
占い師をしている理由?
 
 
そう、
占い師をしている理由です。
 
 
例えば、
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「お客様の喜ぶ顔が見たくて
占い師をしています。」
 
とか
 
「お客様から、ありがとうの言葉を
かけてもらうのが嬉しくて占い師をしています」
 
 
のような理由です。
 
 
 
 
 
なぜ????
お客様の喜ぶ顔を見るために
占いをしてはいけないのですか?
 
 
もし、あなたがそんな疑問を感じるなら
ストレスを抱えやすいタイプの占い師です。
 
 
なぜ、ストレスを抱えやすいのか?
 
 
それは、
 
お客様からの
”ありがとう”とか”喜ぶ顔”
を期待して占い師になった人は、
 
 
 
”ありがとう”や”喜ぶ顔”
がいってもらえない現実に直面すると
 
 
自分の貢献を認めてもらえない
 
と感じて、
落ち込んでストレスを感じてしまう
傾向が強いんです。
 
 
思い当たる節はありませんか?
 
 
だから、
あなたに必要なのは
 
 
 
お客様に感謝されたい。
という
承認欲求ではなく
 
お客様が悩みや不安に向き合うときに
力になりたい
 
という気持ちなんです。
 
その気持ちがあれば
”ありがとう”や”喜ぶ顔”
がなくても、貢献したと感じることができるはずです。
 
 
 
だから、もう一度
あなたに質問させてください。
 
 
あなたは、
お客様からの評価や期待を
満たすことを優先してませんか?
 
 
その度合いが過ぎると
 
お客様を幸せにできない自分は
占い師でいる資格がない
 
というストレスにつながります。
 
 
 
 
そのストレスで、
軽いうつ状態になってしまった
占い師さんもいるほどです。
 
 
あなたには
ココロのストレスを
できるだけ抱えることなく
占い師を続けるためにも
 
たとえ、
他の誰かに承認されなくても
 
 
目の前のお客様を
”あなたの占いで幸せにしたい”
という強い想いがあれば、
それだけで、充分価値があることに
気付いてほしいんです
 
 
あなたは
存在するだけで価値があるのです。
 
その存在価値を信じ続けることが
大事なのです。
 
 
 
 
今日も最後までお読み下さり
ありがとうございました。
 
 
 
 
 
愛されながら格を上げる
占い師専門プロデューサー
佐藤雄斗
 
 
 
 
 
 
 
====================================

【佐藤雄斗TV出演の動画公開中!】

番組名:TiARY TV かまってちゃん
出演者 :【MC】ブルボンヌ 【アシスタント】高城亜樹、ざわちん、なちょす

 

 
====================================